新卒で採用されることの特徴やメリットなど

日本の企業では新卒者の一括採用が一般的です。多くの企業では新規の人材選考を12月に始めるのが通例となっています。翌年の3月には求人の応募が始まり、8月に面接などの試験が行われ10月に内定が決定します。12月から翌年の2月にかけては説明会や懇談会などのイベントが行われるのが一般的です。多数の日本企業にとって大学などを新たに卒業した若い人材をいかに確保するかが重要な課題となっています。そのため1年近い時間をかけて毎年選考が行われるのです。就活生は求人の応募が始まる前から、就職活動に力を入れる必要があります。例えば多数の企業が集まって実施される合同説明会への参加は任意とされ、行われる説明も企業概要に関する簡易なものです。しかし合同説明会においてもビジネスマナーのチェックなどが行われ後に選考に影響を与えます。企業にとっては将来性のある就活生を獲得できるかどうかが重要なのです。

新卒採用者として内定を得るために必要なものとは

多数の企業では新卒者を採用した後に、長い時間をかけて実務経験を積ませることで教育することになります。もちろん新規の人材登用にあたっては学歴や資格などの能力も重要な基準です。しかし企業は新規に登用する人材に、即戦力としての能力よりもむしろ将来性を求めています。企業が持続的に成長を遂げるためには、常に新たな才能を持った人材を供給される必要があります。将来成長する見込みのある人材を多数確保することが、企業の発展につながるのです。そのため新規に大学などを卒業した者には基本的な能力に加えて、企業や仕事に対する熱意が求められます。より強い熱意を持つ者を企業は高く評価する傾向にあります。円滑に内定を得るためには、合同説明会など参加が任意とされるイベントにも積極的に参加し熱意をアピールすることが求められるのです。

新卒者を一括で採用するメリットとは

海外では中途での人材登用が一般的です。そのため外資系企業などでは即戦力となり得る人材を求める傾向があります。一方日本企業では新たに大学などを卒業した者の中から一括して優秀な人材の確保が行われ、就職後に実務能力を習得します。海外企業と日本企業には即戦力を求めるが成長性を求めるかという大きな違いが存在するのです。日本企業が新規の卒業者を一括して登用するメリットは、まず就職後に教育すればよいので即戦力となる人材を求める場合よりも選考が容易になるという点が挙げられます。また毎年新規の人材登用を行うことで、企業が安定した経営を行っていることをアピールすることもできます。就活生にとっても即戦力としての高度な専門性ではなく将来性が求められるため、中途の場合と比較して選考のハードルが低くなるというメリットがあります。