新卒で企業などに採用されやすい人の特徴

多くの日本企業では例年12月に新たな人材登用の選考活動を開始します。翌年の3月に本格的な求人の応募が始まり、8月には面接など選考本番があります。一般的に内定が決定するのは10月です。およそ1年という長い時間をかけて新たな人材の登用が行われることになります。一般的な日本企業では新卒者採用の求人の応募が始まるのは3月からですが、その前の12月から2月までの時期も就活生にとって重要です。内定を円滑に得るためには、求人の応募が始まる前の時期をどのように過ごすかが大きく影響することになります。企業は毎年12月から翌年の3月にかけて説明会や懇談会など各種のイベントを実施します。その目的は企業の存在と活動を知ってもらうことにありますが、就活生のビジネスマナーや企業に対する熱意を見る場としての役割も存在します。

新卒で採用されるため必要なこととは

日本企業が新卒採用を行う大きな理由は、将来性のある人材を確保して持続的な発展の原動力とすることにあります。海外では中途での即戦力となる人材の登用が一般的です。一方で日本企業は成長を見込むことができる人材を確保し、就職後に即戦力として育てるのが一般的なスタイルとなっています。大学などを新規に卒業して就職活動を行う就活生に必要なこととは、まず基本的な能力を示すことです。またそれに加えてどれほど将来性のある人材かということをアピールしなければなりません。企業は選考にあたって、基本的な能力だけではなくその人物にどれほどの成長性があるかという点を重視しています。将来の成長性をアピールする最も基本的な方法は、企業と仕事に対する熱意と志を示すことです。そのため新規求人の応募が始まる前の時期が重要となってきます。

志望度の高さをアピールする重要性

一般的な日本企業では3月から求人の応募が始まりますが、12月から2月にかけて説明会や懇談会が開催されます。個別説明会では2時間から3時間ほどの長い時間をかけて企業活動に関する詳細な説明が行われることになります。またエントリーシートの配布が行われることもあるため参加は不可欠です。一方で合同説明会は就活生に企業の存在と活動を知って興味を持ってもらうために行われます。そのため必ずしも参加が求められるわけではありません。しかし合同説明会も直接企業の人事担当者と接する貴重な機会です。積極的に参加し熱意をアピールすることが後の内定につながります。求人の応募が始まる前の時期に開催される様々なイベントは企業の存在と活動を知るだけではなく、積極的に志望度の高さをアピールすることができます。新卒で採用されやすい人は説明会などを積極的に活用し、基本的な能力だけでなく熱意と志をアピールしているという特徴があります。